スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弟9回

今回は絆代表田川と、スタッフつっちーの二人での取材です。


10月16日

名前:松本朱實さん


紹介者:吉田美緒さん

≪ご職業≫
カラーソムリエ・カラーセラピスト


『“カラー”によって「色」づいた波乱万丈人生』

‐どんな家庭環境でしたか?
両親は枠にとらわれて、門限などもすごく厳しかったです。幼いころから妹と比較されていました。中学のころ、妹は「良くできる」子だったので、姉の威厳もあり「妹に負けたくない」という思いが強かったです。高校時代は反抗期だったし、そのため自分を変えたいという思いが強かったですね。ちなみに父の希望で3歳まで男として育てられたので、男性に対するトラウマもありました。その反動で今は女性っぽい服や色を身にまとうようになりました。


‐今やっていることや、仕事の向き合い方について教えてください
 理想の自分になれるように、いろいろなことに挑戦してきました。自分の中で納得したらすぐ次のことに移るので、パティシエやデパート販売員、電話交換、インフォメーションセンター、葬儀屋など、いろいろな仕事をしてきましたね。    
 それでも自信がつかなくて、自分が嫌いで落ち込んでいた時期は「なんのために生きているの」と思っていました。そんな時に友人から「カラーの先生」を紹介してもらって、「色」によって救われたんですよ。


‐どんな風に救われたんですか? 

 病んでいた時期は、明るい服も嫌いで着る自信がなかったけど、「汚い色の服を来た人に人は寄り付かない」と言われハッとしました。
 あるときクローゼットの中の「地味」な服に疲れてね、きれいな服を着て気分をあげよう、と思いました。この時から「私も幸せになっていいんだ!」と思えたのかも。今ではなりたい自分をイメージして服の色を選ぶようになりました。私のようにより多くの人にカラーによって人生が変わると伝えたい。広めたい。だから私は今カラーセラピストとして活動しています。


‐松本さんのターニングポイントは?

   4年前に夫の借金やギャンブル、浮気もあったし、離婚をしました。
子供のために働き詰めだったけどね、先が見えくて辛かったんです。さっきも話したけど、そんな時に友人の勧めでカラーの先生のところへ行ったのが一つ目のターニングポイント。
 そして二つ目は、元旦那が借金苦で自殺したこと。このときにいのちの大切さ
を改めて実感しました。死ぬって簡単だけど、一度きりの人生は楽しく生きよう、って思えたの。今ではすごい経験をたくさんさせてもらった夫に感謝しています。


‐今後の野望は?
   カラーのイベントやセラピーを開催して、色を広く全般に伝えたいです。そして、
  自分らしく、豊かに、楽しく生きる人を増やしたいかな。短期では、野菜の色素と
  色彩心理のセミナーをしたい!日常の中に「色」の力を感じてほしい。長期的には、
  色のスペシャリストになりたいです。色を使って幸せ・キラキラ・ワクワクな人を増  
  やすことが私の野望です。

‐そんな松本さんから読者の方に一言お願いします。

  “未来は自分の色に染めることができる!!”自分はどんな色にも変えられます。
  可能性は無限にある、って気づくことで人生は変われるの。そのことをみんなに知っ
  ていてほしいです☆

「色で人生は変わる。」

・Blog:http://ameblo.jp/iro-kotoba/
・Web:http://www.irokotoba.aikotba.jp/


---

松本さんは笑顔がとても印象的で、
相当な辛い経験をされてきたからこそ、
その笑顔が出るのだろうなと思いました。
実際お話を伺ってみると、僕が想像もつかないような大変な経験をされていて、
お話を聞いているだけで泣けるくらいの人生です。

しかし、松本さんのお話を聞いていると、
辛い時期を乗り越えたからこそ見える景色があることと、
今を全力で生きること。
これらを痛烈に感じさせられました。

是非みなさんも一度、松本さんのお話を伺ってみてください。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

隠れ家だいにんぐ絆~Waku Waku Space~★和輝

Author:隠れ家だいにんぐ絆~Waku Waku Space~★和輝

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。